最先端の技術を追求する上野クリニック!

国内に数多くあるメンズクリニックの中でも、【上野クリニック】は良心的かつ腕が良いことで人気を博しています。

上野クリニックは国内で最も有名なメンズクリニックで、1998年に開業。毎年1万人を超す男性が来院(2015年度12,616人、2016年度13,403人)し、累計では25万人以上の治療実績を誇る国内最高峰のクリニックです。

包茎治療やED治療、ペニス増大だけでなくSTD(性病)治療や男性美容、AGA(男性型脱毛症)治療と男が抱えがちな数多くの悩みすべてを解決することができます。

上野クリニック人気の理由は、豊富な知識と経験を活かして患者一人ひとりに合った治療法を提供できるところ、24時間のサポート体制を整えているところ、痛みを感じない最先端の麻酔を用意しているところ、アフターケアも完備しているところ……と色々挙げることができます。

多くの人は上野クリニックと聞くと、タートルネックを鼻までずり上げているイケメンの広告を思い浮かべると思います。

これは包茎状態を暗喩しており、タートルネックを下ろしてイケメン顔を出す=包茎を治療すると見た目の良いペニスを手に入れることができるという意味です。

これは上野クリニックが包茎の治療に何よりも力を注いでいることの証明でもあります。

上野クリニックの特徴

上野クリニックで行う包茎手術には「複合曲線作図法」と「無傷・無痛手術」という特徴があります。

複合曲線作図法

上野クリニックだけでしか受けることができない包茎手術方法で複合曲線作図法という方法があります。

これは患者一人一人の包茎の状態に合わせた手術法で、業界では画期的な方法として取り上げられています。

包皮の切除線を亀頭の3mm~5mmに設定することで、傷跡を綺麗に隠せるだけでなく、陰茎を傷つけることもないので機能が低下することもありません。

このように美的曲線と機能的曲線を組み合わせて作図するので安全性と仕上がりの綺麗さは他の手術方法の比ではありません。

無痛・無傷手術

上野クリニックは徹底した「無痛・無傷手術」を心掛けています。

そのため、ペニスを切開する道具をペニスの表側と裏側で使い分けています。

これはペニスの裏側の方が多くの血管が走っており、それを傷つけることを避けるためです。

この傷跡が残らないようにする配慮、出血を伴わないようにする配慮は上野クリニックがトップクラスです。

もちろん、無痛にこだわっているので手術に使う麻酔も上野クリニックならではの特注の麻酔です。

≫ 上野クリニック公式サイト