自分の包茎の種類をしっかり把握する

包茎といっても種類はいくつかあります。

そして、人によって症状も異なります。

つまり、症状や包茎の種類によって治し方も異なってきます。

包茎治療のだ一歩はまず、ご自身の包茎の種類と症状をしっかり把握することです。

また、進行状況や種類によっては急な治療を必要としない場合もあります。

仮性包茎

包茎の代表格ともいえるのが仮性包茎です。

仮性包茎は日本人男性の6割近くの人が悩んでいるという最も身近な包茎で、多くの人が治療に取り組んでいます。

通常時でも勃起時でも亀頭は完全に露出している方が良いと日本では言われており、亀頭の一部が包皮で覆われている状態を仮性包茎といいます。

仮性包茎の最大の特徴は通常時こそ亀頭が包皮に覆われているものの、その包皮は勃起時には勝手に剥けますし、通常時でも自分の手で剥くことができるという点です。

この特徴のため多くの人が「自分は包茎とは無縁だ」と思っていても、実は仮性包茎だったという話も珍しくありません。

>>仮性包茎の詳細へ

真性包茎

真性包茎は最もオーソドックスな包茎で、見ただけでハッキリと包茎と判断することができます。

そのため、治療に取り組む人は多いです。

真性包茎は仮性包茎とは違い、亀頭が完全に包皮に覆われている状態をさします。

この包茎は勃起しても勝手に剥けないのは勿論、自分で剥こうとしても激痛が走るので剥けません。

これは、包皮口が極端に狭い場合と陰茎と包皮が合着してしまっている場合の2パターンどちらも含みます。

真性包茎は仮性包茎と違い様々な悪影響を呼ぶ可能性があります。

>>真性包茎の詳細へ

埋没包茎

埋没包茎とは、お腹の贅肉にペニスが埋もれてしまい、結果としてペニスが機能を果たさないことを指します。

つまり、肥満気味の人やデブ特有の包茎であり、厳密に言えば包茎ではありません。

なぜなら、包茎とは包皮の長さによる被害のことであり、埋没包茎は包皮自体には問題はないからです。

仮性包茎は、亀頭の一部を包皮が覆っている状態です。

真性包茎は、亀頭が包皮で覆われており、自力での露出が無理な状態です。

>>埋没包茎の詳細へ

カントン包茎

カントン包茎は亀頭が露出しているので一見すると包茎には見えませんが、包皮の異常による症状なので包茎の一種とカウントされています。

具体的に言えば真性包茎ほど包皮が長くないため亀頭を包皮から露出させることができますが、仮性包茎ほど包皮口が広くないため亀頭の出し入れが困難な状態がカントン包茎です。

つまり、「カントン包茎=包皮が剥けてしまった真性包茎」ということです。

カントン包茎は珍しい包茎であり、その言葉や症状がどういったものなのかを知っている人は少ないです。

>>カントン包茎の詳細へ

老人性包茎

老人性包茎は中高年になってくると発症する可能性が大きくなり、60代を超えると男性の5人に1人は老人性包茎になると言われています。

医療の進歩により高齢化が進む昨今では老人性包茎に悩む人の数はどんどん増えてきており、それに比例するように老人性包茎の治療に励む人も増えていっています。

厳密に言えば老人性包茎とは、加齢とともに出てきたお腹や垂れた皮膚の中にペニスが埋まってしまうこと、あるいはペニス自体が委縮して短くなり、そこにお腹が垂れてくることでペニスが包皮をかぶってしまうことを言います。

>>老人性包茎の詳細へ

関連記事