真性包茎には早急な対処が必要

真性包茎は最もオーソドックスな包茎で、見ただけでハッキリと包茎と判断することができます。

そのため、治療に取り組む人は多いです。

真性包茎は仮性包茎とは違い、亀頭が完全に包皮に覆われている状態をさします。

この包茎は勃起しても勝手に剥けないのは勿論、自分で剥こうとしても激痛が走るので剥けません。

これは、包皮口が極端に狭い場合と陰茎と包皮が合着してしまっている場合の2パターンどちらも含みます。

真性包茎は仮性包茎と違い様々な悪影響を呼ぶ可能性があります。

それは悪臭や膿、炎症、組織の腐敗、性病、ED、短小など性的なコンプレックスを加速させるようなものばかりです。

こういった様々な健康被害が出る確率が非常に高いため、真性包茎は健康保険が適用されるようになりました。

つまり、言い換えるなら真性包茎は病院などでしかるべき処置をしないといけない状態ということです。

そのため、真性包茎に悩んでいるのなら、一刻も早く治すことを強くお勧めします。

まずは大手のメンズクリニックなら必ず行っているサービスである無料カウンセリングを受けることをオススメします。

真性包茎の被害

真性包茎は肉体的精神的どちらにも大きな負担を与えます。

まず、真性包茎だと膿や恥垢(=チンカス)が溜まりやすくなります。

これは仮性包茎にも言えますが、この包茎は包皮を剥くことができないため海や恥垢の除去ができません。

恥垢とは、尿や精液のカスが固まって亀頭周辺にこびりついた垢のことで過度に溜まると細菌が繁殖し、男性器から腐ったチーズや牛乳のような腐臭が発生するようになります。

これは単に臭いの問題ではなく、病気の警告と見てもらっても差し支えありません。

真性包茎は包皮に覆われた亀頭は温度・湿度ともに上がっているから、この細菌が溜まりやすい環境でもあります。

この細菌の繁殖がひどい状態になると尖圭コンジロームや性器ヘルペスなどの性病を招く可能性があります。

また、真性包茎は亀頭が露出すうことがないため皮の長さ以上にペニスが成長しづらいという悪影響もあります。

普通のペニスは包皮から亀頭が露出しているのですが、真性包茎は包皮から亀頭が露出することがないから起こる現象です。

つまり、真性包茎はペニスの健全な成長を阻害する現象でもあります。

実際、短小に悩んでいる人の8割以上が真性包茎というデータもあります。

そして、真性包茎は男性器を男の象徴と捉えている多くの人に多大な精神的ダメージを与えます。

男らしくない、情けない、みっともないペニスは男からしたら恥ずかしいものです。

そして、それをセックスパートナーに見られること、それによって何かを思われることが何よりもコンプレックスです。

このコンプレックスが心因性のEDの原因に繋がる可能性はかなり大きいです。

真性包茎の治療

真性包茎を治すのに一番いい方法はメンズクリニック等での手術です。

というよりも精力剤やセルフマッサージは仮性包茎しか治療できず、真性包茎専用の矯正器具には痛みが伴ってしまいます。

つまり、手術こそが真性包茎を治すための唯一の方法なのです。

真性包茎の手術は亀頭と包皮の癒着を剥がしたあと、仮性包茎の治療と同じように余剰包皮を切開もしくは縫い付けることで終わります。

しかし、これは中の亀頭に異常がなかった場合の話で、多くの場合、膿や恥垢がたまってペニスが変色しているためそれらの除去も必要ですし、包皮に阻害されながら育ったため亀頭が歪に変形もしくは先細りになっているのでそれを増大することも必要になってきます。

つまり、真性包茎の手術は自身の包茎状態を見極めた上で事前カウンセリングで医者と手術をどのようにするかを話し合うことが大事です。

関連記事