手術以外の包茎治療法

手術風景

包茎を治す方法の中で最も有名かつ確実性があるのはメンズクリニックで受ける手術です。

当サイトでも手術による包茎治療をオススメしており、日々優良なメンズクリニックを探しています。

しかし、手術は往々にして費用が高いです。

相場は大体7万円~10万円で、安くても5万円程度はします。

また、包皮を切開したところ亀頭が化膿していたり変形していた場合には他の手術が必要になってくるので実際にはもっとお金が必要になることが多いです。

そのため、手術を受けたくても受けることができない、もしくは足踏みしてしまう人は少なくありません。

こういった人たちは他の方法で包茎を治すことも考慮することもオススメします。

包茎は手術以外の方法でも治療することができます。

以下がその方法です。

  • 精力剤(ペニス増大系精力剤)を服用する
  • 矯正器具を装着する
  • マッサージ・エクササイズを試みる

これらの中で最も優れているのは「精力剤(ペニス増大系精力剤)を服用する」方法です。

精力剤を使った包茎治療の特徴

精力剤(ペニス増大系精力剤)を服用することで包茎を改善することができます。

包茎は陰茎が包皮をかぶっている状態で見た目が悪いだけでなく炎症や悪臭、壊死を招く可能性があるので早めの治療が必要です。

包茎を治す方法で最有力な方法は精力剤を服用することによる治療です。

包茎は余剰な包皮が亀頭を覆っている状態のことであるため、その包皮を切除するのが手術のねらいですが、精力剤による包茎治療はその逆です。

つまり、余剰な包皮が気にならないレベルまでペニスを増大させるのです。

ペニスを大きくすることで包皮から亀頭が露出するようになり、自然と包皮に剥き癖がつきます。

その剥き癖がつくことによって、包皮が亀頭を覆うことがなくなるのです。

この精力剤による改善は手術と比べた場合、以下のようなメリットがあります。

  • 金銭的負担が少ない
  • 傷跡がつかない
  • リスクがない

このようなメリットがあるため手術ではなく精力剤による包茎治療を試みる人は少なくありません。

ここでは、代表的な精力剤(2017年現在)の一つ、「ヴィトックスα」を上げておきましょう。

≫ ヴィトックスα公式通販サイト

※注意点

しかし、精力剤による治療には1つ注意点があります。

それは仮性包茎の治療にしか効果が無いことです。

なぜなら、ペニスを大きくして余剰包皮よりも陰茎を長くする、もしくは包皮の剥き癖をつけることがこの治療のねらいですが、これは包皮を自分で剥くことができるのが前提条件だからです。

だから、包皮と亀頭が癒着しており自発的に剥くのが不可能な真性包茎や包皮の長さが足りていないカントン包茎には意味がなく、最初から治療ができないのです。

これは真性包茎やカントン包茎に悩む人はメンズクリニックの包茎手術を受ける以外の手段はないということです。

そして、最近多くなってきているので注意する点としてもう一点、『コンビニ精力剤』に気をつけてください。

成分をみればわかりますが、ほとんどがブドウ糖です。風邪の時もブドウ糖を点滴した経験ありませんか?

性欲などの精力剤的な効果実感しませんでしたよね?

とまあ、そういうことです。手軽に購入できる精力剤の効果は、残念ながら期待できないというわけです。