50代以降の男性は高齢者包茎に注意

老人性包茎は中高年になってくると発症する可能性が大きくなり、60代を超えると男性の5人に1人は老人性包茎になると言われています。

医療の進歩により高齢化が進む昨今では老人性包茎に悩む人の数はどんどん増えてきており、それに比例するように老人性包茎の治療に励む人も増えていっています。

厳密に言えば老人性包茎とは、加齢とともに出てきたお腹や垂れた皮膚の中にペニスが埋まってしまうこと、あるいはペニス自体が委縮して短くなり、そこにお腹が垂れてくることでペニスが包皮をかぶってしまうことを言います。

この老人性包茎はメタボリックシンドロームが引き金となって老人性包茎になるのが早まる人もいますが、おおむね50代~60代になって発症することが多いです。

体内にペニスが埋もれてしまうという症状は、埋没包茎と酷似しています。

そして、老人性包茎はペニス自体にはあまり異常がない―――しいて言えば老いによる細胞の減少がある程度――ことも埋没包茎と似ています。

老人性包茎の被害

老人性包茎の状態で手術や介護を受けることになった場合、男性用の尿瓶で用を足すことが出来ず、カテーテルやオムツ、挙句の果てには女性用の尿瓶を使わなければならなくなり、このことが精神的な負担になることが多々あります。

もちろん、精神的負担は老人性包茎に罹患している人だけでなく、それを手術・介護する人にとってもです。

また、埋没包茎の時よりも自分のペニスが体内に埋没してしまう、委縮して取り出しづらくなってしまうので、そのことが多大な精神的苦痛と感じることもデメリットです。

「孫と一緒の入浴時に「おじいちゃん、おちんちんない!」と言われた……」

「排尿時に中々ペニスを取り出せず、ズボンと床を汚してしまった……」

老人性包茎に罹患してしまうとこれらのことは日常茶飯事レベルで起こるようになってしまいます。

そして、このようなことが日常茶飯事レベルになると男のプライドは完全に粉砕してしまいます。

勿論、ペニスが体に埋没している状態のため他の包茎と同じように膿や恥垢の溜まりは健常なペニスよりも早いです。

老人性包茎の治療

老人性包茎の治し方は仮性包茎・真性包茎・カントン包茎とは異なり、包茎手術の本質である「余剰な包皮の切除」ということを行うことはありません。

なぜなら、ペニスには勿論、ペニス周りの包皮自体に問題はないからです。

そのかわりにペニスを増大させる――いわゆる長茎術をもって老人性包茎を治療することが多いです。

その理由は老人性包茎とは歳を重ねることで垂れた下腹部によってペニスが見えなくなる状態、もしくは歳を重ねることでペニスの細胞が委縮してしまい結果として体内にペニスが埋もれてしまう状態なので、長茎術で体外にペニスを露出させることが必要だからです。

つまり、埋没した部分以上にペニスを露出させることで老人性包茎の治療は完了するということです。

そして、陰茎・亀頭増大は精力剤やマッサージ、専用器具など色々と方法がありますが、最も確実に行うには専門クリニックでの長茎手術・長径術・亀頭増大手術を受けるのが一番です。