自分にあった包茎手術を行う

包茎手術といっても術式がいくつかありまし、病院、クリニックによって行っている術式も異なります。

医師の話だけで決めずに、事前にご自身で術式を理解し、自分の症状とそして目的が一致する手術を選ぶようにしてください。

EST式複合法包茎手術

包茎手術は数多くの種類があり、【EST式複合法包茎手術】もその中の一つです。

この手術はエストクリニックメンズで行われている包茎手術の総称で、美容外科の手術法や元来の包茎手術の方法などを組み合わせた文字通り複合型な包茎手術です。

EST式複合法包茎手術はエストクリニックメンズ独自の手術法で、年齢層問わず多くの人から支持を得ています。

>>EST式複合法包茎手術の詳細へ

複合曲線作図法

包茎手術はただ包皮を切ればいいというものではなく、実は入念な計算が必要な手術です。

なぜならペニスの形は一人一人違うので最も綺麗な仕上がりになるように切除するには計算をした上で切除しなければならないからです。

そして、【複合曲線作図法】はその計算する包茎手術法の代表格です。

複合曲線作図法は上野クリニック独自の手術法で、その名の通り複数の曲線を複合させて作図します。

>>複合曲線作図法の詳細へ

ネオコスメティックサージェリー法

包茎手術はただ余剰分の包皮を切除すれば良いという訳ではなく、術後の仕上がり(=見た目が綺麗かどうか)も重要視されています。

そのため、各メンズクリニックはそれぞれ美容形成の技術を導入し独自の手術法で包茎を治しており、【ネオコスメティックサージェリー法】もその中の一つです。

>>ネオコスメティックサージェリー法の詳細へ

埋没陰茎矯正術(長茎術・長径術)

包茎の中でも埋没包茎と老人性包茎の治療は一筋縄ではいきません。

なぜなら、この2つの包茎は亀頭を覆う余剰包皮をどうにかするのではなく、下腹部およびペニスの根元が問題だからです。

つまり、包皮や陰茎を切除するのではなくペニス周りの脂肪・筋肉を何とかする必要があるのです。

そこでこれら症状を改善するために生み出された方法が埋没陰茎矯正術です。

これは体内に埋没している陰茎を引っ張り出してから特殊な糸を用いて固定する手術です。

>>埋没陰茎矯正術(長茎術・長径術)の詳細へ