包茎は亀頭が皮で覆われている症状のこと!

包茎とは男性器の亀頭が包皮に覆われて露出不可能ないし露出に問題が伴う状態のことをさします。

いわゆる”皮かむり”や”ほっかむり”と呼ばれる状態で、見た目には幼少期のペニスをそのまま大きくした感じです。

女性器の陰核が包皮をかぶっている状態も包茎と言われますが、一般的には包茎=男性器の亀頭が包皮をかぶっている状態です。

包茎でない限り亀頭は普段から露出しており、勃起するとさらに亀頭の露出が顕著になります。

しかし、最新の調査の結果、日本人男性の7割がペニスの包皮に何らかの異常を抱えている状態ということが判明しました。

主な異常は亀頭の一部が包皮に覆われていることですが、割合こそ少ないものの亀頭が完全に包皮に覆われていたり、包皮が亀頭の根元を締め付けているといった悩みを抱えている人もいます。

包茎の種類

包茎は症状によって5種類に分けることができます。

仮性包茎は自分で包皮を剥くことができるので問題視されることは多くありませんが、それでも健康被害はありますし、見た目も不格好なので治療することをおすすめします。

真性包茎は、包皮を剥くことが非常に困難であり、重度なものだと包皮を剥くことができません。

カントン包茎は包皮が男性器を圧迫してしまいます。

この真性包茎とカントン包茎は様々な病気を招くほか、性的な快楽を得づらいし、精神的な疲労となって圧し掛かってきます。

また、女性誌の調査によって多くの女性は包茎状態を好んでいないということも判明しているので、治さないことによるメリットはないと思っても差し支えありません。

老人性包茎と埋没包茎はやや特殊な包茎で、亀頭周りの包皮自体には特にこれといった問題はありません。

しかし、体内に埋もれてしまうのである意味では一番見た目が不格好な包茎と言えます。

この二つは通常の包茎とはまったく異なる治療法が必要になってきます。